消費者金融でお金借りるための必要書類まとめ

お金借りる

お金借りる時は、必ず個人を証明する書類や住民票などが必要になることが多いです。

 

借入希望額が50万円以上になるような場合は収入証明書などがないと審査に通らないことも多いので、納税証明書、収入証明書も用意するようにしましょう。

 

本人確認書類が必ず必要

どんな消費者金融でも、お金借りるには本人確認書類が必要で、たいていは運転免許証、パスポートがその代わりになります。

 

これらの書類がない場合は、氏名、住所、生年月日、顔写真が掲載されている公的な証明書類があれば良いため、住民基本台帳カードやマイナンバーカード(個人番号カード)があればよいでしょう。

 

日本に永住している外国人の方は特別永住者証明書や在留カードがあれば本人確認書類とすることができます。現住所と本人確認書類の住所が異なってしまっている場合は公共料金を支払った際の領収書、印鑑証明書、住民票の写しがあればその代わりにできます。

 

店舗型の申し込みやローン契約機、無人機では写しをその場で取ることができますが、コピーと原本を両方共持ち込んだほうが無難です。オンラインで申し込む場合も本人確認は必要なので事前準備をしておきましょう。

 

収入証明書も用意する必要がある

お金借りる時には収入証明書を用意する必要がある場合がほとんどです。

 

給与明細書を直近のもので2カ月分あれば借り入れできる場合が多く、個人事業主は確定申告書があるとその代わりにできます。50万円を超えて借り入れしたい場合には特にこの収入証明書が必要になるので確実に用意しましょう。逆に50万円未満しか借り入れしない場合は収入証明書がなくてもよいといわれています。

 

他社からの借り入れがなく、希望借入額が50万円未満であれば、収入証明書の提示を指示されないで借り入れできることも多いです。この収入証明書は働いている職種、業種によっては収入証明書が必要ない条件であっても提出を求められることがあるため、即日融資を希望している方は念のため、直近の給与明細を持っていればスムーズに手続きができます。

 

WEB完結型の申し込みでも必要書類は同じ

消費者金融でWEB完結型のサービスでお金借りる場合でも、必要になる書類は同じです。

 

50万円以上の借り入れを希望する場合は、運転免許証と収入証明書、50万円未満の借り入れで良い方は運転免許証だけあればよいので、事前にスマートフォンやパソコンにスキャンして保存しておけば簡単に申し込みできるようになります。運転免許証は表面だけでなく、裏面に少しでも記載があれば裏面も合わせてデータで送る必要があります。収入証明書は直近2カ月分は必要なので日頃から給与明細書を捨てずにとっておくと良いでしょう。

 

年収が直近2カ月のデータで判断されるので、総量規制の関係から自分に有利に働くデータがあれば借入可能額を大きくしてもらえる可能性もあります。

 

必要書類提出時の注意点

消費者金融でお金借りる時に必要な書類は、スマートフォンやパソコンでスキャンしておく場合、鮮明なデータとして保存できていないと再提出を求められるか、審査に不合格になります。

 

細かな数字やもっとも重要な氏名、住所、勤務先の情報が確認できないと意味がありません。

 

また、収入証明書などを偽造すると当然犯罪なので審査に通過できないだけでなく、逮捕されてしまうこともあるのでくれぐれもお金がほしいからと言って悪いことは考えないようにしましょう。基本的には鮮明な画像データ、PDFデータとして保存できていれば審査はスムーズに進めてもらえるので、賢く必要書類を用意して、一発で審査に通れるようにしましょう。

 

書類が不足していれば、再提出を求められるたびに何度も審査を受けることになって信用情報に記載されてしまうため、できるだけ一発で申し込みを済ませられるようにしましょう。

 

まとめ

消費者金融からお金借りるには、個人の証明書、収入証明書、住民票、印鑑などが必要になります。

 

信用情報は、消費者金融側が申告された個人情報を元にしてJICCやCICに紹介するものなので個人で用意する必要はありません。

 

即日でお金借りる必要がある人は特に、先に必要な書類を用意してスピーディーに申し込みを済ませられるようにしましょう。

 

お金借りる

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<

トップへ戻る