プロミスやモビットの最低返済額でお金借りる方法

プロミスやSMBCモビットの最低返済額でお金借りる方法

プロミスやモビットの最低返済額でお金借りる方法

お金借りると毎月一定の返済額で支払っていくことになりますが、その最低返済額が低いほど、毎月の負担は軽くなります。早めの元金返済も大切ですが、生活の負担にならないように最低返済額を意識して消費者金融を選ぶのもよいでしょう。

 

 

消費者金融の最低返済額とは?

消費者金融を利用して返済していく場合、毎月最低でも一定額支払って返済していくことになる仕組みがあります。最低返済額が設定されている場合は、それ以上のお金を毎月返済していっても問題なく、元金の返済が進められるので、最低返済額より多く返していればそれだけで金利の節約ができます。

 

しかし、無理に最低返済額よりも多くのお金を返済しないといけないわけではなく、各社の最低返済額だけを返済していくというのも一つの方法としておすすめです。

 

生活の負担が大きい時や一時的に収入が減ってしまう時は特に、この毎月の最低返済額さえ支払えれば問題ないため、賢く返済するためには覚えておいてほしいことです。

 

最低返済額の相場

プロミスやSMBCモビットなどの消費者金融では、個人の借り入れた金額に応じて最低返済額をそれぞれ決定します。たいてい借り入れている金額に応じて2%から4.5%の一定の割合を乗じたものが最低返済額になります。

 

5万円借り入れている場合は最低返済額相場は2000円から3000円、10万円借り入れている場合は最低返済額は4000円から5000円ほどになります。ほとんどの1000円未満の金額は切り上げされるため、借入金額のちょっとした差で返済額が変化することがあります。最低返済額は借入金額が少ないほど低くなりますが、返済期間が長くなればそれだけ金利が一気に増えてしまうため、お金に余裕ができたら早めに元金の返済を進めたほうが安全です。

 

50万円借り入れている場合は、毎月の最低返済額は10000円から13000円ほどになるのが一般的です。借入金額が大きいほど金利も多くかかるようになり、返済の負担も増えてしまうので、余程必要でない限りはまとめてお金を借りるのは避けるのがベストです。

 

最低返済額で返済していれば催促はこない

消費者金融に設定されている最低返済額を守って支払っていれば、催促の連絡が来たり、遅延損害金が発生したりすることはありません。

 

最低返済額で支払っていると、毎月の返済の負担が軽くなりますが、返済期間は伸びて、返済総額は多くなってしまいます。30万円借り入れた場合、最低返済額で支払っていくと多い時は150回ほど続けて返済することになり、約13年かけて30万円を支払うことになります。毎月の給与が15万円ならば、少し無理をしてでも元金の返済のためにお金を使ったほうが13年もの返済をせずに済みます。

 

また、金利は150回続けて支払う場合、利息だけで20万円を超えてしまいます。これはあまりにも大きい金利で、催促がなくて、損害遅延金が発生しなくても、既に高すぎる金利を支払っていることになります。

 

最低返済額より多めに返済しよう

どの消費者金融でも最低返済額を毎月支払っていれば信用情報に問題が起こることはないですが、少しでも元金の返済に力を割いたほうが結果的に返済額、返済期間が軽減できます。

 

時間をかけて負担を軽くし、たくさんのお金を支払うか、時間をかけずに我慢して、短期間で返済を終わらせるか、どちらも大切なことですが、それぞれの生活に合わせて工夫していく必要があります。

 

どちらが絶対に良いということはないですが、お金借りる時はこの最低返済額のことも考えておいたほうが良いでしょう。まとめてお金借りる場合は、最低返済額が抑えられる金額にするのが無難なので、10万円借り入れるよりは9万円借り入れるようにしたほうが返済の負担は軽くできます。

 

まとめ

消費者金融でお金借りる時は、最低返済額を意識した借り入れがおすすめです。

 

お金借りるだけで金利も返済の負担も大きくなってしまうので、少しでも負担を減らして賢くお金借りることができるようにしてみてください。

 

お金借りる

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<

トップへ戻る