低金利の消費者金融のような銀行カードローンでお金借りる方法

低金利の消費者金融のような銀行カードローンでお金借りる方法

低金利の消費者金融のような銀行カードローンでお金借りる方法

元々は消費者金融だったレイクは、銀行カードローンとして生まれ変わって新しくサービスを提供しています。消費者金融のサービスでも銀行カードローンのようにお金借りることのできるサービスもあるので、賢くサービスを選んで利用しましょう。

 

 

元消費者金融のサービスを利用する

もともと消費者金融だったレイクは、今では新生銀行のカードローンとしてサービスを継続しており、総量規制の制限を受けずに借り入れすることができます。

 

レイクは知名度も高く、カードローンとして利用できるため、利用限度額内であれば、借り入れ、返済が自由に何度でもでき、人によってはお財布感覚で頼りにできる可能性もあります。もちろん、借金は借金なので、自分のお金として利用することはできませんが、お金借りる際の審査が最初だけで済むというのはとても気が楽で利用しやすいです。

 

銀行カードローンの場合は、賃金業法ではなく、銀行法が適用され、審査は少し厳しくなりますが、少額の借り入れであれば審査に通過できる可能性は高いです。

 

また、元消費者金融のノウハウが生かされて即日借り入れできる場合もあるため、賢く利用できればより便利です。

 

アイフルも便利な消費者金融

消費者金融アイフルは、賃金業法が適用されるため、年収の3分の1までしか借り入れできないという総量規制が影響します。しかし、銀行カードローンと同じようにお金借りることができるのが消費者金融アイフルの大きな魅力です。

 

他社の消費者金融は、銀行カードローンのように利用限度額内であれば自由に借入返済ができるわけではありません。アイフルはそうした魅力もあって、日本の消費者金融としては利用者数ナンバー3という実績もあります。消費者金融としての経験も実績も豊富で頼りやすく、日本各地でローン契約機を利用できるため、いざという時にも頼れます。

 

コンビニのATMからでも利用できるので、借り入れと返済の制約を受けずにお金借りるほうが良い方は、レイクかアイフルを選ぶと良いでしょう。

 

銀行カードローン利用時の注意

消費者金融のサービスは基本的にお金を借りたら、あとは返済するだけですが、銀行カードローンの場合はいつでも借り入れできて、毎月の約定返済日に加えてさらに自由に返済をすることができます。しかし、いくらでも借りられるからと言って借りすぎてしまう例が多く、返済ばかりがどんどん大変になっていくという問題が起きやすいのもカードローンです。

 

そのため、自由に借り入れと返済ができると言えども、一度借りたお金は全額返済しきってから、再度お金借りるようにしないと、金利もどんどん増えていってしまいます。銀行カードローンやアイフルのような仕組みはとても便利ですが、リスクもあるので使い方には十分注意しましょう。

 

消費者金融の金利と銀行カードローンの金利

消費者金融と銀行カードローンでは金利が若干異なります。

 

消費者金融のサービスのほうが金利が大きく、銀行カードローンのほうが金利は低めに設定されています。資金の潤沢な銀行のほうが金利が抑えられるということと、消費者金融に比べて審査が厳しくユーザーの新規獲得が難しいため、金利を抑えているという場合がありますが、どちらにしても利用者にとってはとてもうれしいサービスです。

 

金利が高いと返済にもそれだけ大きな負担がかかりますが、銀行カードローンであれば、金利の負担は少しでも減らすことができるはずです。

 

こうした消費者金融と銀行のサービスの差も理解してどこから借り入れるか判断すると少しであってもお金借りる負担が軽くなるので、工夫して消費者金融のサービスを活用しましょう。

 

まとめ

新生銀行のレイクは現在は銀行カードローンとして提供されているサービスで、アイフルでも銀行カードローンと同じような仕組みでお金借りることができます。

 

借入限度額内であれば、いくらでも借り入れと返済ができるのは非常に便利なので、こうしたサービスも賢く活用していざという時に備えましょう。もちろん、借り過ぎと返済の遅れには十分注意が必要です。

 

お金借りる

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<

トップへ戻る